「ホームページにようこそ!」
☆ お知らせ ☆

更新(H30.12.6

月例会

 1月17日(木)新年会  

開始午後6時30分から
会場 大町会館(鎌倉市大町1-11-17
https://map.goo.ne.jp/place/14002132858/map/

鎌倉からバス鎌30他:鎌倉-名越-逗子[京急バス] 

大町四ッ角下車徒歩1分

・食事(お弁当:千円以内)、飲み物(お茶・ビール・日本酒を用意)会費は1500円程度

◎要:申し込み、045-821-6480杉山まで


(例会行事のページへはここから!!)



=会員情報=

◆9月例会は、迫力ある畑先生の15分講話に続いて、時代と題する一方話に取り組みました。皆さん思い思いにはなせたとおもいます。テーマが重かっただけに、よく頑張りましたね。◆8月例会「ぼんぼりまつりと納涼会」は、8月7日(火)八幡宮及び灯りで開催され、好評のうちに、無事終わりました。今年はお天気のご機嫌が悪く、かすかすの幸運に恵まれて、ぼんぼりも見ることができました。皆さん楽しく過ごしました。

◆7月例会「短歌と俳句シリーズ」第二回作家編 富田木浦の人生を吉屋信子の『底のぬけた柄杓ー憂愁の俳人たち』から解き明かしていただいた。もう一人、前登志夫の歌・30代から80代8首選を話していただいた。先生の話しぶりは優しく、豪快、縦横無尽で、楽しく面白く聞けた。本所育ちの私は木浦の生活した地名が分かり、関東大震災の惨状もよく知っていたので一層身近に感じた。 

◆6月例会「初めての詩集」木戸 光先生、は「お母さまや妹を思い出して、悲しい気持ちになった時に詩を書いていた」というお話に、皆さん感動して、自分もまねてみようという、積極的な気持になられたように思いました。詩を書くというと難しく考えてしまいがちですが、気持ち何も手につかないでふさぎ込んでしまっているときがチャンスなんですね。

=関連情報=

左側欄のリンクから「風のように雲のように時は過ぎてゆく」6月14日欄に湘南話し方友の会6月例会感想文が、6月17日欄に「スピーチで難問が出た」が掲示されています。ご覧ください。(ラマーレノーベル)
 

5月例会「成年後見制度」は、多数の参加をいただきました。堅い内容なので参加数が心配でしたが、関心の高さにびっくり致しました。遺産相続についても触れていただき、熱心な質問もあり、有意義な例会でした。講師をはじめ、NPO法人 ふれあいドリームの先生方も見えて、2次会でも交流していただき一層、信頼感を深めました。


 (例会行事のページへはここから!!)






★ ご入会をお待ちしてます。
  手続きは、直接例会場受付でどうぞ!!

★ 会費の納入をお願いします。

 
例会場で直接お支払い下さい。
年会費の場合は、郵便局から振込できます。

 郵便局総合口座 10240-96711091 湘南話し方友の会

会費の有効年月は 会からの郵便物の宛名の下に表示してます。

   <例> 3006→平成30年6月まで有効。

  ・ 万一、表示が違っている場合は恐れ入りますが冨井(又は他の役員)までお知らせ下さい。



掲載内容の無断転載や複製による著作権侵害を禁じます。
Copyright(C)2002- 2010 湘南話し方友の会 All Rights Reserved.


inserted by FC2 system